この時間、やさしく、やわらかく、やすらぐ。

毎月の事、opaが選ぶカラー剤!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_3433

こんにちは♬ 豊島区で一番ゆっくり、ゆったり、心ゆたかな街、東長崎の美容室 opa hairstyle です、

業界初、髪のアンチエイジングを考え抜いたカラー剤をopaは使っております!

カラー剤について!

IMG_7750

業界初。

髪のエイジングを考え抜いたカラー剤とは?

 カラーをすると

頭皮がしみる

痛い

次の日に皮がめくれる

痒くなる

  など 様々な症状が出る方がおられます

  その原因は

カラー剤の アルカリ剤であったり

2液の過酸化水素に有ります、

一般的美容業界はここを無視をして、

低料金化をおしています、

ここが危険です!

 実は髪が痩せ細ってしまう原因になったり、

白髪を増やす原因になってしまったりと、

ようような原因をおこす事にもなりえます。

 髪に対する女性の悩みは

白髪

髪のボリューム

だったりします、

 この悩みを少しでも軽減出来る事が

 私達美容師の考えるべき選択の一つでも有ります!

 アルカリヘアカラーは

毛髪を生成する細胞をはじめ

黒髪の元であるメラノサイトを破壊してしまい

白髪を増やしてしまう

  カラーリングする度に

白髪になりやすい環境をつくっていた現実

 勿論、大半は遺伝が大きいですが・・・

 何かいい方法は有るの

おしゃれを楽しむためなら仕方ないんじゃないの?

opaはそこでこんな薬剤を選択しています、

  業界で初めて

白髪を抑制する2剤としてすでに使用しております、

【効能・効果】白髪の進行抑制・改善/育毛効果/抗炎症


【成分】ワレモコウエキス…育毛効果/抗炎症作用


           ホップエキス…メラノサイトの活性化

 低刺激で安全性が高い事

  従来の薬剤は主に

石油系界面活性剤が使用されていますが

 opa使用の薬剤は!

石鹸系界面活性剤を採用したことで

 デリケートなお肌のお客様にも可能性が広がります

  1剤と2剤を混ぜ合わせたときに生まれる

フリーラジカルは、
メラノサイトを攻撃し壊してしまい、それにより白髪に

 従来の2剤の場合・・・

1剤と2剤を混ぜ合わせたときに生まれる

フリーラジカル(活性酸素)は

メラノサイトを攻撃し破壊してしまうことで白髪になります。

 opa使用薬剤の場合!

育毛効果・抗炎症効果のあるワレモコウエキス

メラノサイトを発生化するホップエキスが入っており

この2つを組み合わせることで

 フリーラジカルを抑制します。

 これにより白髪の進行の抑制ができます。

  さらには頭皮の保護
保湿剤の中でも特に優れているシアバターを配合
頭皮の保護と毛髪の保湿効果も

 ワレモコウ(吾亦紅、吾木香)は、

バラ科・ワレモコウ属の植物で、ヒトでのワレモコウエキス使用試験において、

抜け毛や休止期毛率を減少する育毛効果が報告されています。


一方、ホップは

アサ科のつる性多年草で、雑菌の繁殖を抑え、

最近の研究ではホップエキスにメラノサイトの運動能力・増殖活性を促進させ、

黒髪から白髪への変化を防ぐ効果が示唆されています。


今回異なる3種類の実験方法により、

ワレモコウとホップの抗酸化性について調べたところ、

いずれの方法においても高い抗酸化性を有していることが明らかになりました。

 違いが分かるのはカラーリングされるご本人ですが、
白髪については比較のしようがありません。

 一昔前までは、

髪のパサつきや痛みを気にされている方が目立ってましたが、

近年、

白髪増加や、

抜け毛など『地肌老化』を気にする女性が急激に増えてきてます。

 アンチエイジングとは、

5年後10年後の自分と差をつけていくものです。

 では、

こういった女性の悩みを解消するのに

必要なアイテムと言えば

育毛剤

白髪予防剤

をイメージしますが、

月一度のカラーも凄く重要です!

普段のカラー施術に、よって引き起こる『地肌老化を抑制』します。

 やり続けるなら

こういったアンチエイジングカラーを必ず選ぶべきなんです!

 (文章の一部は販売会社様からの文章を引用いたしております)

スタッフを募集しています↓

https://www.coconnect.jp/shop/1791

関連記事

OPA日和